本文へスキップ

日本スズメバチ研究所は

今月の最新季節情報 


11月〜 全てのスズメバチ巣の終了期です

11月に入ると殆ど全ての巣では育児も終わり、廃巣も目の前です。
既に、ヒメスズメバチとモンスズメバチ、チャイロスズメバチの巣では完全に育児を終え
廃巣になってます。※一度使用した巣は翌年も再利用する事は皆無です。

次に、育児を終えるのはコガタスズメバチの巣です、普通11月下旬頃までに廃巣となり
ます。 その後は、オオスズメバチとキイロスズメバチと終了期に入りますが、営巣場所
や巣の規模により、稀に12月初旬まで廃巣時期が遅れる場合もありますので、巣の採集
や、巣の撤去作業等は注意が必要です 安全を配慮して年明け以後に作業をする方が良い
でしょう。※クロスズメバチの仲間になると1月にも拘らずハチが居る事があります。

11月〜のアシナガバチの生活  全ての巣は完全廃巣となってます 
                ※巣の翌年以降の再利用は皆無です
11月中の特に日中の暖かい時間帯には、アシナガバチ達の交尾を運が良ければ観察する
事が出来ます、是非観察してみて下さい その後すぐに(11月中に)冬眠に入ります。


shop info店舗情報

日本スズメバチ研究所

〒709-0802
岡山県赤磐市桜が丘西4-12-9
TEL.090-3636-8576
086-955-7829