本文へスキップ

日本スズメバチ研究所は

今月の最新季節情報 


11月
そろそろ地域によれば初降雪が記録されている様子です 今月下旬頃から12月初冬に
かけて殆どのスズメバチの巣では、巣の完全終了期を迎えてます。

 特に規模の大きな巣の場合(オオスズメバチ キイロスズメバチ)の巣の場合、稀に12月
初旬の頃まで数匹の働き蜂が活動している場合もありますが、その後例外無く全ての働き
蜂が死んでしまいます。 つまり全ての巣に於いて巣は完全に終了してしまい、廃巣にな
ります

その後は、新しく育った新女王蜂だけが、全て巣から飛び出してて山に入り冬眠に入るの
です。 ※廃巣後の巣の中に稀に生きた蜂が残留している事がありますので廃巣後の巣を
保管して部屋の中に飾る場合は、残留する蜂が残っていないか確認してくださいね。
※暖房の効いた暖かい部屋の中に暫く巣を置いていると残留蜂の居る場合は外へ出てきま
 すから刺されない様にして下さい。

 11月のアシナガバチ

 全ての巣で完全に廃巣になってます 暖かい晴天の日に姿を見る事が出来ますが、その後すぐに冬眠に
  入ります。


shop info店舗情報

日本スズメバチ研究所

〒709-0802
岡山県赤磐市桜が丘西4-12-9
TEL.090-3636-8576
086-955-7829